M1 MacにHomebrewをインストールする方法

M1 MacでもHomebrewが対応されています。

プログラミングする人にとっては、Homebrewは欠かせないものです。

普段のアプリのインストール方法とは少し違うので、慣れない人には難しく感じるかもしれませんが、ターミナルを使って簡単にインストールできます。

今回の記事でわかること

M1 MacのHomebrewのインストール方法

目次

Homebrewのインストール方法

本家のページにインストール方法が書かれています。
この方法の通りに実施します。

インストール方法はintel Macと同じ方法です。

Homebrew
Homebrew The Missing Package Manager for macOS (or Linux).
STEP
コマンドをコピー

公式サイトからコピーしてターミナルに貼り付けて実行してください。

Homebrewのインストール方法
STEP
インストールを実行

以下のようにコピーを貼り付けてください。

これでインスールが完了しました。

% /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"
==> Checking for `sudo` access (which may request your password)...
Password:   ※ここでMacのパスワードを入力
...
Press RETURN to continue or any other key to abort: ※ここでRETURNキーを押す
...
※パスを通すように書いています。次のステップで使用します。
- Run these two commands in your terminal to add Homebrew to your PATH:
    echo 'eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"' >> /Users/yuhirato/.zprofile
    eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"
- Run brew help to get started
- Further documentation:
    https://docs.brew.sh
STEP
Pathを通す

インストールしただけでは、brewコマンドを使用できません。

Pathを通す必要があります。

ターミナルの指示に従い以下のように2行入力してください。

echo 'eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"' >> /Users/yuhirato/.zprofile
eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"

これでbrewコマンドを使用できるようになりました。

% brew -v                                  
Homebrew 3.3.13
Homebrew/homebrew-core (git revision 09aea912aab; last commit 2022-02-04)

Commandの解説

インストールに使用した各コマンドについて説明します。

Step2の「インストール実行」で使用したコマンドについて

/bin/bash -c」は新しいbashプロセスで実行という意味です。

curl」はファイルを送受信するコマンドラインツールです。

ここでは、指定したアドレスにあるinstall.shを実行しています。
これでHomebrewをインストールしています。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

Step3の「Pathを通す」で使用したコマンドについて

echo」は標準出力です。「>>(リダイレクト)」を併用することで、「’ ’」の内容を.zprofileに書き込んでいます。

「.zprofile」はログイン時に実行されるシェルです。

echo 'eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"' >> /Users/yuhirato/.zprofile

「eval」は文字列をコマンドとして実行するコマンドです。
” ”の内容をコマンド実行していることになります。

shellenvは公式ページに説明があります。
shellenvにより、homebrewを使用できるようにPATHに追記します。
1行目はログイン時の処理でしたが、2回目はこのコマンドを実施した瞬間にPATHが通るので、
このときから、brewコマンドを使用できるようになります。

eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる