AnkerのUSB Type-Cハブの選び方

私は会社用のノートPCとMacBookで、ディスプレイとキーボードと電源をUSB Type-Cのハブで共有しています。

このメリットは、ハブとパソコンを繋ぐUSBを繋ぎかえることで、接続している電源を含めて、デバイスをつなぎかえることができることです。

USB Type-Cのハブはいろんな企業から出ています。種類も豊富で比較するのも大変です。

今回は、バッテリーやイヤホンで有名なAnkerに絞って、ハブを選ぶポイントを紹介していきます。

今回の記事でわかること
  • ハブ選びのポイント
  • AnkerのUSB Type-Cハブの選び方
目次

パソコンとハブの接続部

直挿し(Directシリーズ)とケーブルタイプの2種類があります。

選び方のポイント
  • MacBookのみの場合は、直挿し(Directシリーズ)
  • 他のPCでも使用する場合は、ケーブルタイプ

直挿し(Directシリーズ)

2つのUSB Type-Cが並んでいるタイプです。
これはMacBook専用です。

このタイプを差し込めるパソコンがMacBook以外にありません。

良いところは、MacBookとハブが合体するような形になるので、場所をとりません。

直に差し込めるので、場所を取らない

MacBookしか使えない

ケーブル経由

MacBook以外でも使用する可能性がある場合はどのパソコンでも接続できる点が便利です。

私は会社のパソコンと私物のMacBookがあるので、このタイプを購入しています。

どんなパソコンでも接続できる

ケーブルと本体があるので、場所を取る。

コネクタの種類

ハブは様々な種類のポートと接続できます。自分に必要なポートが有るか確認してください。

必要なコネクタが揃ったハブを選択することがハブ選びのいちばん重要なポイントです。

コネクタの種類選びのポイント
  • 使用するコネクタがあること
  • USB−AとUSB Type-Cのポート数は、必要な分よりも多いものを選ぶ

必ず、ポート数は必要な数よりも多くしてください。
買った時点でいっぱいだと、別のデバイスをつけたくなったときにつけることができません。
使うときに外すのは、一手間かかるというところで必ず不便に感じるようになります。

USB Type-C

一番注意が必要です。
なぜなら、USB Type-Cといえ、転送速度や充電や画像出力など、いろんな機能が備わっています。
さらに、同じ端子でもすべての機能が備わっているわけではありません。

ハブにどのタイプの端子がついているのか確認してください。

PD対応

PD(PowerDelivery)とは、最大100Wまでの受給電が可能となるUSBの規格です。

これに対応していると、USB Type-Cからパソコンに給電することができます。

購入するハブの給電容量に気をつけてください。規格上は100Wですが、実際の給電量はハブによって違います。

購入時に必ずチェックしてください。

ハブの給電容量をチェックしてください。接続するパソコンに必要な電力容量が確保できるか確認が必要!
接続するパソコンのUSB Type-Cが給電タイプか確認が必要!

映像出力対応

最近では、USB Tyep-C端子を備えるディスプレイが増えてきました。

ハブのUSB Tyep-Cが映像出力に対応していない場合があります。

USB Tyep-C端子を備えるディスプレイを持っている場合は、
USB Tyep-Cが映像出力に対応しているか確認が必要!
接続するパソコンのUSB Type-Cが映像出力対応か確認が必要!

データ転送速度

転送速度も注意が必要です。5Gbpsや10Gbpsのケースがあります。

使用する予定の外付けのディスクの転送速度に合わせて、選択してください。

規格転送速度(Gb/s)
USB 3.1 Gen.15
USB 3.1 Gen.210

データ転送対応か確認してください。
PD給電用のポートの場合はデータ転送はできません。

USB Type-A

これは、もう長らく使っているお馴染みの規格だと思います。

転送速度が早いUSB3.0がついていることが多いです。

現状、使う予定のポートよりも最低1つ多いハブを選択してください。

HDMI

接続するディスプレイの解像度に合っているかを確認してください。

基本は4K、8K対応のどちらかの場合が多いです。

イーサネットポート 

有線LANでインターネットに接続したい人が対象となります。

普通のパソコンはイーサネットポートがついているので、MacBookでない限りは必要でないです。

Wifi接続が当たり前になった現在では、基本的にイーサネットポートが必要ないです。

私もイーサネットポートがないハブを購入しました。

ただし、今はちょっと後悔しています。

RaspberryPiをいじることが多くて、家のネットワークとは違うローカルのネットワーク環境で動かしたい時があります。
この時、ローカル用のルータを優先LAN同士で接続したい時があります。

SD・microSDカード

カメラを使っている人はあった方がいいです。

カメラから直接パソコンに繋げることもできますが、カメラが古くなって、対応するソフトがOSのバージョンアップ等で使えなくなって、SDカードを直接読み込む必要が出てくる場合があります。
実は、私がこのパターンに陥りました。

あと、RaspberryPiを使用することがあるので、OSの書き込みに使用しています。

電源部は別途必要

ハブに給電能力が備わっていますが、電源部が必要です。

電源は別途必要です!

Anker USB Tyep-Cハブのラインナップ

ここからが、Ankerのハブの紹介です。

自分が必要とする接続部分やコネクタを十分理解してから、必要なハブを選びましょう!

Ankerのハブだけでも多くの種類があります。

スクロールできます
PowerExpand
6-in-1 
10Gbpsハブ
PowerExpand
7-in-1 
PowerExpand Direct 7-in-2PowerExpand
8-in-1 
PowerExpand
8-in-1 
10Gbps
PowerExpand Direct
8-in-2
PowerExpand
11-in-1 
接続部ケーブル経由ケーブル経由直差しタイプケーブル経由ケーブル経由直差しタイプケーブル経由
最大出力(PD給電)85W85W100W85W85W100W85W
最大解像度(HDMI)4K (60Hz)4K (30Hz)4K (30Hz)2ポート
1つ使用:4K (60Hz)
2つ使用:4K (30Hz)
4K (60Hz)4K (30Hz)4K (60Hz)
データ転送速度最大10Gbps最大5Gbps最大40Gbps最大5Gbps最大10Gbps最大40Gbps最大5Gbps
Type Cポート数(データ用)012
※ Thunderbolt:1ポート
012
※1つがThunderbolt
0
Type Aポート数USB 3.1 Gen1:2ポートUSB 3.0:2ポートUSB 3.0:2ポートUSB 3.0:2ポートUSB 3.1 Gen1:2ポートUSB 3.0:2ポートUSB 3.0:2ポート
USB 2.0:2ポート
イーサネット0001101
microSD / SDカード
転送速度
SD:1slotmicroSD:1slot
SD:1slot
microSD:1slot
SD:1slot
microSD:1slot
SD:1slot
microSD:1slot
SD:1slot
microSD:1slot
SD:1slot
microSD:1slot
SD:1slot
その他3.5mm オーディオジャックThunderboltは映像、データ、PD給電が可能Lightningオーディオポート3.5mm オーディオジャック
DisplayPort
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる