HEIF(.heic)をJPGに変換

iPhoneで撮った写真をパソコンにダウンロードすると、拡張子が.heicになっている事ありませんか?

Windowsを使っている人は不便に感じることがあるかもしれません。

今回は「.heic」の対処方法について紹介していきます。

目次

HEIF(.heic)とは

HEIF(.heic)とは、Appleには以下のように書かれています。

HEIF と HEVC は JPEG や H.264 よりも圧縮率が高いため、デバイス本体や iCloud 写真で使用するストレージ容量を抑えながらも、同等の画質に仕上がります。

実はAppleの独自規格ではなく、MPEGによって開発されてた規格です。

この形式で保存されたファイルはアプリを入れないとwindowsでは開くことができません。

amazon photeは対応しています。HEIFでもEchos Showで写真を表示することができます。

人にHEIF形式の写真をあげるときに、相手がWindowsユーザだと写真を見ることができません。

対処方法

iPhoneでJPEGで保存するように変更

iPhoneでJPEGで保存することが可能です。

JPEGであれば、どんな端末でも必ず確認できる

保存容量がHEIFに比べて増えます

「設定」 – 「カメラ」-「フォーマット」から「互換性優先」でJPEGに変更することができます。

MacでHEICからJPEGに変更

プレビューの「ファイル」−「書き出し…」でフォーマットをJPEGに選択することで変更できます。

Macの標準アプリで1枚ずつでも複数枚でも変更可能です。

複数変更することも可能です。

「commnad + a」で画像を全選択できます。

プレビューの「ファイル」−「選択中のイメージを書き出す…」−「オプション」からJPGEを選択して一度に変換できます。

まとめ

HEIFの変換方法について紹介しました。

iPhoneから保存方法を変更することもできまし、Macから変更することもできます。

この規格がWindowsでも普通に見れるように普及してくれることを祈るばかりです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる