iPhoneの読み上げ機能で、本(Kindle)を読む

Audibleを使わなくても、iPhoneがKindle本を読んでくれることを知っていましたか?

PrimeReadingでは、読みたい本があるのですが、時間がないときに、本を聴けるので重宝しています。

掃除しながらなど「ながら」で本読めるのですごく便利です。

今回はその方法を紹介します。

目次

設定方法

iPhoneは簡単です。

「設定」-「アクセシビリティ」-「読み上げコンテンツ」から画面の読み上げをONしてください。

この機能自体は、Kindleを読む専用の機能ではなく、画面上で文字を認識できれば、読み上げてくれる機能です。

読み方

Kindleを立ち上げて、再生ボタンを押してください。

これだけで、自動再生されて、しかもページ送りをしてくれます。

ちょっとしたテクニック

1倍速だと、だいぶ読み上げの速度が遅く感じます。

読み上げ倍速も設定することができます。私は、1.5倍速で読み上げると程よい速度に感じますが、ここはお好みで設定してもらえれば良いです。

やや難点もある

またにページ送りしなくなる

以下のことをいろいろ試しています。どれかでページ送りをするようになります。

  • 読み上げ機能を一度OFFにして、再度ONにする。
  • Kindleを一度アプリを閉じ、再起動

また、図とかがあると途中で止まってしまうことがありますが、次のページに行って、読み上げを再開することができます。

読めない本もある

Kindle本の中でも、文字を選択できない場合は、読み上げ機能が働きません。

漢字や英単語の読み方がおかしい時がある

漢字の読み方がおかしいことがあったり、英単語がアルファベットで読まれたりします。

ZERA(ザラ)がゼット・イー・アール・エーと読まれたりします。

イントネーションがおかしかったりしますが、慣れてくると気になりません。

これが気になる人は、Audibleを使用した方がいいと思います。

縦スクロールに切り替えると読み上げあられない

iPhoneの使用のためか、縦スクロールにすることを進められますが、縦スクロールにすると読み上げ機能が効かなくなります。

もし縦スクロールにしてしまった場合は、「Aa」−「レイアウト」−「連続スクロール」を解除してください。

とはいえ、この機能が無料で使えて、聴きながら本が読めるって素晴らしいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる