テンキーレスキーボードのメリット・デメリット

テンキーレスのキーボードってどうなの?と思いませんか?

数値入力が多くなければ、テンキーレスがおすすめです。

大は小を兼ねる理論のもと、10年以上テンキー付きのキーボードを使用していましたが、ひょんなことからテンキーレスのキーボードを使用した結果、テンキーレスの方が自分にあっていることに気が付きました。

テンキーレスのメリット・デメリットについて解説します。

目次

テンキーレスキーボードのメリット・デメリット

メリット

キーボードとマウスとの距離が近い

手の移動距離が減ることで、負担が軽くなります

テンキーがついている分、さらに、前腕を外側に向けるので、肘の疲れが出ます。
もしくは、上腕を外に広げるので、上腕も不自然の体制になります。
これがテンキーレスにすると、マウス操作時も上腕が内側になるので、自然な形で操作できます。

テンキー付きキーボードの手前にマウスを置いて操作する人もいます。

そうなると、手とキーボードの距離が遠くなるので、自然なポジションで作業ができなくなります。

私も以前はこのポジションでやっていました。

テンキーを入力するときに、マウスを手で外にどけていました。

マウスとキーボードの移動は頻繁にするので、このポイントは重要です。小さなことかもしれませんが、キーボードからマウスまでの距離が10cmか20cmかで、違いを感じます。

面積小さい

机が狭くてもコンパクトに使えます。

狭い机とセットに考えるとトラックボールとの組み合わせはおすすめです。

トラックボールを使用するとほとんど手を動かす必要がなくなります。

机にキーボードとマウスが綺麗に収まるので気に入っています。

価格が安い※誤差の範囲

どのメーカーも少しだけテンキーレスの方が値段がやすいです。

ただし、これが決め手となることはないでしょう。 

デメリット

数値入力がしにく

数値入力は、テンキーで入力したほうが圧倒的に早いです。

テンキーだと、片手で数値入力を完結で切るからです。

テンキーがないと、数値入力で両手が必要になります。

でもデメリットってこれくらいしかありません。

デメリット解消法

Windowsの場合は、AutoHotKey(AHK)を使用して、テンキーをキーボードに割り当てることができます。

AutoHotKeyで以下のスクリプト書くことで、「無変換」+「j」で1というように、テンキーを擬似的に作成することができます。

vk1D & j::Send,{Numpad1}
vk1D & k::Send,{Numpad2}
vk1D & l::Send,{Numpad3}
vk1D & u::Send,{Numpad4}
vk1D & i::Send,{Numpad5}
vk1D & o::Send,{Numpad6}

テンキーレスが向く人、向かない人

テンキーレスが向く人

  • キーボード入力で数値入力がメインでなく、キーボード入力の時間が長い
    数値入力が頻繁にないのであれば、テンキーがある必要はないと思います。
    マウスとの距離との関係で、腕の負担も軽減できます。
  • 机が狭い
    狭い机だと、キーボードが邪魔になります。
    テンキーレスだとコンパクトに使えて、便利です。

テンキーレスが向かない人

  • 数値入力が多い事務作業
    向かない人の裏返しになりますが、本当に数値入力が多い人には向かないで、作業効率が下がってしまいます。
    Excelなどの表計算で数値入力が多い

私はniz atom66を使用しています。通常のテンキーレスキーボードよりも更に小型で、使いやすいです。

あわせて読みたい
niz atom 66 1年半使用レビュー お手頃価格の静電容量無接点キーボード niz atom 66という静電容量無接点キーボードを1年半くらい使用していたのでレビューします。 コロナ禍でテレワークをするようになって、自宅の仕事環境を改善したいと思...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる