JupyterでiCoud Driveにアクセスする方法

Jupyterでは初期状態では、iCoud Driveにアクセスできません。

解決方法はエイリアス(シンボリックリンク)を作成するだけです。

目次

iCoud Driveアクセス方法

以下のようにエイリアス(シンボリックリンク)を作成するだけです。

今回のケースでは、localwork/studyの直下にエイリアスを作っています。

% ln -s ~/Library/Mobile*Documents/com~apple~CloudDocs/ iCloud

Jupyterから見ると通常のディレクトリと区別が付きません。意識せずにアクセスが可能になります。

iCouldに保存するメリット

複数のMacでJupyterのNotebookを編集できる

lnコマンド

lnコマンドは、ファイルへのリンクを作成します。

今回は、「-s」を使用して、シンボリックリンクを作成しました。

ln [オプション] リンク元ファイル名 リンク先ファイル名(ディレクトリ名)
オプション意味
-fすでにリンクファイルがあった場合は削除
-iすでにリンクファイルがあった場合は問い合わせて削除
-sシンボリックリンクを作成
-bリンク作成にファイルの削除が必要な場合は、バックアップを作成

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次